読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外旅行(主にアジア)と国内旅行の日記&アジア映画感想

海外旅行記、国内旅行記、アジア映画感想など

チベットの哀しくも力強い映画 ルンタの感想

2017年4月9日

f:id:ririwoooo:20170409004841j:plain

兵庫県立美術館にて特別上映された

チベット映画ルンタを鑑賞。

f:id:ririwoooo:20170409004707j:plain

2009年から増えているチベット人

焼身自殺についてのドキュメンタリー映画ルンタ


非暴力で殺生をしないチベット人が他者を傷つけずに民族浄化を訴える最期の手段が焼身だという


今は150人以上が焼身自殺していて、まだまだ増えるという、、。


ルンタとは(風の馬)の意。


チベットの旗に描かれた馬

旗が風にはためいて

旗に書かれたお祈りを神様に運ぶ


どんな強風でも風を受けて

チベットの大地になびくルンタの旗は、優しいチベット人哀しいにま歴史に負けていない、そんな雄大さを感じる


平和的なデモでさえ投獄され

拷問され殺される事もあるというチベットの現状、、、ネットで知ってはいたけど実際のチベットの現状を、ダラムサラで長年支援している日本人の口から聞くのは堪えた


何が出来るのか?

少しでも世界に向けチベットの悲惨な現状を伝える事が大事だと

映画は伝えていました。

映画後のトークで監督も言っていた



○遊牧を制限された遊牧民は草を求めての移動も出来ず遊牧民を止めて出稼ぎに、、、


○拷問されても共産党と互角に戦ったと自負するチベット女性、、、

f:id:ririwoooo:20170409004742j:plain

ドキュメンタリー映画の力は凄いなって素直に思えた


年末はダラムサラチベットに行こう

実際のチベットが見たい


人を動かす力が

この映画ルンタにはある